アトピー・アレルギー克服!今の年齢で最高に美しく!

脱ステロイドと副作用

 
この記事を書いている人 - WRITER -
石原 千里
現役 美容部員。 自身のアトピー・アレルギーの経験から、 「本当の美とは?」 を追い求め、今の年齢で最高に美しいお肌を手に入れるための オーダーメイド美容法をご提案しています。

 

 

脱ステロイドを決意してから

まずかゆみとの戦いが始まりました。

 

今までステロイドで抑えていたかゆみを

抑えるものがなにもない。

 

起きているときは意識して

かかないように我慢していました。

 

我慢して、我慢して、

それでも我慢できずかいてしまう時もあって

 

ひっかいているときは

我慢から解放された快感というか

一瞬はいい気分になるんです

 

だけどすぐに

 

あ、またやってしまった・・・・・

 

と後悔と自分を責めはじめ

それが毎日ループ

 

そしてなによりもつらかったのは朝起きた時

 

寝ている間は無意識なので

起きているときにどれだけ我慢しても

朝起きたら血と体液まみれ

 

爪の間に自分の皮膚片と血が入っているのを見て

毎日ショックを受けていました

 

なんでかいちゃうんだ・・・

なんでこんなにかゆいんだ・・・

 

自分で自分を責めまくっていました。

 

 

夜、どうにかしてかかないようにと

ラップを巻いて寝た日もありました

 

今考えたら私バカだなーって思うんですけど

あの時は必至で

どうにかこのかゆみに勝つ方法はないか

どうやったらかゆくなくなるのか

そればかりだったんです。

 

ラップを巻いたらその時はかけないけど

汗をかいてラップを外したら

余計かゆかったんで失敗だったんですけどね(笑)

 

 

そんな毎日が続くと

夜寝ることが嫌になりました。

 

寝てしまえばかいてしまう。

朝起きてショックを受けてしまう。

 

じゃあ・・・寝ない!!!!!

 

 

普通はこんな選択しないですよね(笑)

 

たぶんこのころから身体的にも精神的にも

ちょっとおかしくなり始めてたんだと思います・・・

 

 

その日から、寝ないために

夜中にずっとパソコンでラジオや動画、放送を聞いて

 

気絶するように寝てて

ああ、寝てしまってた・・・と起きて

毎日2時間くらいの睡眠時間・・・・・

 

 

それでも朝起きたらひっかいた形跡を見つけて

またショックを受ける・・・

 

 

しんどくてしんどくて

でも絶対綺麗になりたいんだ!!!

 

その思いだけで

毎日必死に生きていました

 

 

 

そんな私は学校も行けれなくなってきて

ほぼ休みや遅刻。

 

人に会いたくない。

会えば周りと比べ、自分を責め、傷つき

一人で泣いて

一緒に住んでいた姉にもこの気持ちは打ち明けられなくて

一人でどんどん抱え込んでいました

 

 

そんな時に唯一行けたのが

社長のお店でした。

 

いつも気にかけてくださって

連絡もこまめにくださいました。

 

行けば暖かく迎えてくれて

気持ちをわかってくれる社長がいる

私の心が唯一落ち着ける場所でした

 

学校休んだのにお店にお弁当持って行って

お昼食べるのにご一緒させてもらったり(笑)

 

学校のお金を出してくれてる親には

申し訳ない気持ちもありましたが

それでもその時の私には無理だったんです。

 

 

社長は私のそんな状態に気付いて

個室のエステルームを空けて

 

「1時間でいいから、ここで寝て」

 

と言ってくださって

寝させてもらったんです。

 

大いびきをかきながら(笑)

 

 

寝てもいいんだよ

今はかいてもいいんだよ

身体はがんばってるよ

 

それだけで心は軽くなって

その日からちょっとずつ寝る時間も増やしました。

 

朝起きて、やっぱりまだひっかいていましたが

それでもこれが少しずつ減るように

絶対よくなると信じてがんばろう

 

 

最初の3ヶ月は本当に

地獄のような毎日でした。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石原 千里
現役 美容部員。 自身のアトピー・アレルギーの経験から、 「本当の美とは?」 を追い求め、今の年齢で最高に美しいお肌を手に入れるための オーダーメイド美容法をご提案しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 脱ステロイド経験者の美容部員ブログ , 2020 All Rights Reserved.